オリジナル杖・ステッキ・スキーポール・トレッキングポール制作

おばあちゃん、長生きしてね。97才のおばあちゃんが欲しがった杖はどれか?

My Pole Lab スタッフのシモザキです。
私の祖母は、大正9年2月生まれの97歳。

多少認知症があるものの、会話もちゃんと成り立ち、頭のしっかりしたおばあちゃんです。
97なのでデイサービスでも最長老らしく、楽しみに通っているようです。

さすがに足元が危ないので家でも外でも4点杖を愛用中で、
ベージュのチェックがキレイだととても気に入ってくれています。

ちなみにこれ。

どこへ行くにも持って行ってくれています。

そんなおばあちゃんに聞いてみました。

「オリジナルの杖が作れるんだけど、どのデザインが欲しい?」

 

「ええー、オリジナルの杖が作れるのかい。ぜひ作ってよ。」

「好きな色なんてよく分からないよ。」

「でも、赤と青だったら、青の方が好きだねえ。」

 

「My PoleLabは、51種類の柄から好きなデザインを選んで、自分だけの杖が作れるんだけど、どれがいい? ちょっと見てみない?」

 

Mypolelabデザインカタログ 1ページ目

「013のマーブル柄なんかどう? おしゃれだよ♪」

 

Mypolelabデザインカタログ 2ページ目

「ここでおばあちゃんが好きそうなのは、023のモザイク柄なんかどう?
色合いも落ち着いているから、おばあちゃんの服装にも合わせやすそうだし。」

 

Mypolelabデザインカタログ 3ページ目 ・・・

「048の花柄いいよね!ヨーロッパ調ですてき。年を取ったら派手なものを持たないと。」

「もちろん、無地で色だけでも選べるよ。18色、右のページにあるでしょ。」

 

「んんーーー  わからん・・・・。。。。」

 

たくさんの情報に、おばあちゃんがフリーズ。

ごめんなさい、ごめんなさい。

おやつ食べて休憩してください。

 

おばあちゃん、ひとやすみ。

 

「オリジナルの杖が作れるのかい。ぜひ作ってよ。」

 

・・・だから 作るよー。 どれがいいかなあ?

 

「好きな色なんてよく分からないよ。」

「でも、赤と青だったら、青の方が好きだねえ。」

 

無限ループ。

 

いつも必ず「身体に気をつけなさいよ。」と人の心配ばかりするおばあちゃん。

デザイン選び楽しかったね! また遊ぼうね♪♪

 

 

この記事を書いた人

下崎 志展
シナノ技術開発部&お客様相談室勤務。旅は好きだが、飛行機は嫌い。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 + eighteen =